引っ越し祝いを渡す際の注意点

引っ越し祝いは友人や知人などが引っ越しした場合に贈るものですが、家を新築した場合とそうではない場合とでは、多少異なることをご存知でしょうか?

まず、相手の方が家を新築した場合は、新居に引越しされてから半月以内には引っ越し祝いを贈るのが一般的なマナーです。しかし、相手の方から家の新築披露パーティーなどに招待された場合には、持参して直接渡してもよいでしょう。

次にその新築祝いの内容ですが、プレゼントは実用品というのが一般的です。新築したきれいな家で使うわけなので、相手の方の家との調和や趣味・好みに合わせなくてはならないため、事前にさりげなく何を贈ったらよいかを聞いた方がよいでしょう。しかし、この新築祝いには注意も必要です。ストーブやライター、火の模様が入ったもの、キャンドルやお香など、火に関連するプレゼントはタブーなので、絶対に避けるようにしましょう。さらに、絵画や掛け時計なども、新居の壁に穴を開けないと使えないため、贈るのは避けた方がよいでしょう。

次に通常の引っ越しの場合です。中古の一戸建てやマンションを購入した場合や賃貸の借り換えなどが、この通常の引っ越しに含まれます。こうした場合の引っ越し祝いは相手の方が引っ越しする前にプレゼントを贈るのがマナーです。ただし、あまりに直前過ぎると、相手の方も引っ越し準備でバタバタとしているので、引っ越し当日の2週間前には送るようにした方がよいでしょう。万が一、引っ越し祝いを渡すのが遅れてしまった場合は、相手の方が引っ越しし、生活が落ち着いた頃に贈るようにしましょう。この通常引っ越しの場合も、火に関連するプレゼントはタブーなので、避けるようにしましょう。

関連ページ
サカイ引越センターの単身引越しまとめ

ネットで服を売る時は最低3枚の写真を撮るようにしましょう

ネットでの服の販売は、まずは全体写真の様子を写すということから始めます。
その服の、ポイントとなる部分をアップで写すようにして、目立つようにして写真を撮ります。
ネットの場合は、実物が見れないので、出来るだけ詳細な写真できれいに撮るのが大切で、光の加減も難しいですね。

最低でも3枚の写真は必要で、服の全体写真、服の裏側の写真、服のポイントの写真を何枚かを写すと、見やすい状態になります。
説明文は、写真とリンク出来るように出来るだけ分かりやすく、説明してあげることが大切です。

もし、中古の服を販売する時は真実をありのままに伝えることが大切で、ほつれ部分やシミ部分は絶対に書かないと、トラブルのもとになりますので、注意しましょう。
新品の商品であっても、ほつれやシミがある商品もありますので、絶対にごまかさない方が見ている側といしては信用できますね。

買う側は、ネットだから服を買う時の安い理由を探しますが、卸しだからとか普通の答えよりも、欠点があるからという方が安心出来ます。
その場合はちゃんと欠点の拡大した写真が必要になってきますので、それを写してアップしましょう。

一つの商品が売れなくても、説明文が適切であれば、信用を買うことが出来ますので、ウソとごまかしは書かないようにすればいいでしょう。
ネットで一番必要なモノは、服だけに限らず信用が大事になってきますので、損して得とるやり方を身につけて行きましょう。
点数を増やせば増やす程、効果的な方法になりますので、実践して行って欲しいですね。

関連ページ
ブランド古着買取サービス – ZOZOTOWN
服・古着の買取 | 本を売るならBOOKOFF(ブックオフ)
利用者数100万人!洋服・古着の買取なら【ブランディア】